地域に密着した紙面づくりを通じて、全国ネットワークの物流総合専門紙を目指す

サービスのご案内

HOME > 新 聞 > サービスのご案内

著作権

 新聞記事は、新聞社の最も重要な資産です。複製利用(複写や他媒体への転載ほか)については、使い方や部数などを確認した上で、許諾の判断をします。①部分的な利用・抄録・要約・翻訳②無断転載・複製の配信・配布・譲渡③蓄積・データベース化--などは、お断りします。 

 

 

複製利用

 『物流ニッポン』や『物流ニッポン 電子版』に掲載された自社記事に限ります。①申し出者②利用媒体名(題号と記事の年月日・面数・見出し)③利用方法④利用期間--を、ご連絡ください。

 

 

フローチャート

 利用方法などを確認して、許諾になれば、記事利用許諾申請書を送信します。

 

 

自社記事以外

 原則として、許諾しません。ただし、やむを得ない事由があれば、ケース・バイ・ケースで判断します。許諾になれば、記事利用許諾申請書を送信します。

 

 

利用許諾

 物流ニッポン新聞社が持つ新聞記事の利用許諾については、1回ごとの「スポット」と年間の「定期契約」の2種類の仕組みを設けます。

 

 

記事利用許諾申請書

 1回限りの「スポット」。読者の場合は、「無償」(月1本)とします。

 

 

記事利用許諾契約書

 年間の「定期契約」。有償・無償にかかわらず、事前に文書で契約を結びます。

 

 

記事コピー

 企業・団体に対し、1回20部以下に限って包括的に認めます。 *内部配布に限ります。

 ☞ 読者の場合は、「無償」とします。

 

 

記事クリッピング

 記事をコピーして関係部署に配る、クリッピング利用について、印刷物で、かつ内部配布に限定したケースであっても、現時点においては著作権の管理面で難しい要素が多いため認めません。

 

 

記事配信

 現時点においては、著作権の管理面で難しい要素が多いため認めません。

 

 

リンク

 よほどの事情がない限り認めません。